既望月を旅路の友として

ブログという名の備忘録

2015年圧縮編03 ~妖艶の朱、終焉の深緑、革命の浅葱~

どうも、気がつけば6月に突入していた既望路です。

 

恐らくここ数年で一番時の流れが残酷な日々を過ごしております…

(6/1で正式スタートですって)

 

 

真面目に考え事をしていると気が滅入るので、本日も更新と行きます、はい

 

 

 

そうそう、「あ、変わったな…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね

 

そうです、髪型変えました

 

 

 

 

じゃなくて、CSSいじりました

 

 

ブログへの応用目的で、HTMLとCSSを学ぶ講義を受講し、今回早速応用してみた感じです

 

 

 

・・・と言っても、9割ぐらいコピペで済ませた訳ですが( ( (

 

唯一自力で簡略化できたのが、明朝化が楽になったぐらいですかね

(MS明朝表示できない端末の方、ごめんなさい。)*1

 

 

 

まあ、ひと様のものをあれこれ組み合わせてキメラ化させているので、色々見苦しいところもあるかもしれません…

(カテゴリー?月別アーカイブ? それはクリックしちゃいけないやつ)*2

 

 

 

いままで、背景が黒なのを前提に文字色なども設定していたので、色々と問題点も出てくるでしょうね…

(一度背景を強引に灰色にしましたが、ダサくなったので以後は白で)

 

 

 

 

さてさて、CSSの方はおいおい勉強するとして*3、早速いつもの総まとめ編をススメていこうと思います

 

 

 

内容が濃けりゃそれだけで一本組めるのですが、どうも薄い…

 

今回も写真ばかりだと思いますが、いつも通り、さっと流していただければ( (

 

 

 

では、どうぞ

 

 

    

2015年9月27日
朱塗りの世界に魅せられ、名月を見上げる

 

 高校三年の9月

 

例の如く、一介の受験生として私も勉強(要検証)と並行して、色々大学の説明会に足を運んでいました

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195149j:plain

 

 とりあえず夏までにある程度決めろと言われたので、「京都の大学に通ってるってカッコよくね…?」という安易な考えで、京都の大学をいくつかピックアップ

 

高校にここ目指してます宣言した以上は、色々見ないとなぁと思い出撃

重い体引きずって京都の方へ

 

 

この時はまだ快速急行が特急車運用だった時代です

(入学時の春に、7連の運用に差し替えられましたが)

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195150j:plain

 

どこの大学を見ていたのか、なぜ今は終点駅まで行っているのか、そんな細かいことはご想像にお任せるとして、着々と工事が進む某駅

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195151j:plain

 

最低限の受験関係の話だけ聞いて脱出、相変わらず勧誘フィーバーは体に悪い

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195152j:plain

 

京アニ聖地巡礼をぶらり

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195153j:plain

 

なんかエモいなぁと思いながら、カメラ片手に散策

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195154j:plain

 

細い路地を抜けて

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195155j:plain

 

伏見稲荷大社

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195156j:plain

 

中々広い上に、来る季節や時間に寄っていろいろな姿を見せるので、何度も訪れてます

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195157j:plain

 

さっそくプチ登山開始

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195158j:plain

 

煩い四カ国語表記がまだない頃の千本鳥居

 

 

インバウンドの効果を受け、この間まで見れた光景も次々と消えていっています…

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195159j:plain

 

アップロード以後に回転させるのがとても面倒くさい

 

稲荷神は穀物の神様なので、灯籠(?)にも稲穂の印が

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195200j:plain

 

神秘的な千本鳥居の中で、ノット神秘な体勢で写真を撮るオタク

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195201j:plain

 

文字が描いてあるの方も素敵

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195202j:plain

 

奥の社の絵馬

 

まだまだいなこん勢力は残っています…

(三条×墨染尊き)

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195203j:plain

 

ヒィッ…

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195204j:plain

 

引き続き奥へ

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195205j:plain

 

お生い茂る緑の中に映える朱塗りのアクセントが好きです

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195206j:plain

 

新聞配達や郵便のカブもこの辺りまでは登っていきます

(上にもお店がありますからね)

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195207j:plain

 

朱塗りのハイキング

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195208j:plain

 

木漏れ日が素敵

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195209j:plain

 

四ツ辻に到着

 

もう少し時間が経てば、きれいな夕日が見れることでしょう

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195210j:plain

 

下之社

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195211j:plain

 

中之社

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195212j:plain

 

ラストスパート

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195213j:plain

 

頂上に位置する、上之社

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195214j:plain

 

izayoi98re.hatenablog.jp

 

こちらの記事でたどり着いた先がここでしたね

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195215j:plain

 

個人的伏見稲荷お気に入りアングルの一つ

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195216j:plain

 

お店に明かりが灯り、雰囲気も徐々に妖しきものに

 

昼と夜の合間は、なんだか色々と混ざり合って、曖昧で、不安定で、妖しくて、それでもって何だかんだでいい雰囲気

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195217j:plain

 

祝詞を唱えていた神主さんを見つけたのはこの辺りか

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195218j:plain

 

せっかくなので、まだ通っていないルートを散策

 

このまま神隠しに逢ってしまいそうな雰囲気

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195219j:plain

 

なにやら意味深な鳥居

 

ただただ静謐だけがその場を支配します

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195220j:plain

 

苔むした、只ならぬ岩

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195221j:plain

 

褪せた鳥居

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195222j:plain

 

時は夕暮れ

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195223j:plain

 

再び四つ辻まで戻ってきました

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195224j:plain

 

鳥居に切り取られた夕景

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195225j:plain

 

深草近辺が広がります

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195226j:plain

 

夜になると、また違った姿を魅せる

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195227j:plain

 

幾重にも交差した影が、深淵へ誘う

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195228j:plain

 

暗闇と艶かしい朱

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195229j:plain

 

俗界との堺を区切る鳥居

 

では、その向こうは…?

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195231j:plain

 

気がつけばすっかり夜、お月さまが東の山から顔を出しました

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195230j:plain

 

夜の伏見稲荷は、また違った姿を見せてくれた

 

それは恐れを孕んだ美しさだった

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195232j:plain

 

望遠特化のコンデジ君なら、お月さまもなんのその

 

 

この日は旧暦の8月15日

 

そう、十五夜です

 

1月から12月まで毎月ある十五夜(旧暦15日の夜)、その中でも中秋*4に当たる旧暦8月に上る月が最も美しいとされていました…

 

 

平安時代から愛された満月は、別名「望月」「盈月」などとも呼ばれました

 

完全に満ちた、日と釣り合った、などなど偉大、盛大のシンボルとしても扱われたそうで

 

 

満月はこの日を境にどんどんと欠けてゆき、それと共に顔を出す時刻も徐々に遅くなります

 

なので、旧16日の月は少し躊躇っている、旧17日の月は今か今かと立って待つほど、旧18日は座って待ち、旧19日の月はもう横になって待っている、と言われています

 

 

 

夜空にポッカリと浮かんだ月は、それだけでずっと眺めていられる、妖艶な美しさがあります…

 

 

 

そんな、初めて京都で迎えた中秋の名月でした

 

 

 

 

    

2015年10月2日
深緑の夜行列車、検査切れのその日まで

 

秋、それは受験生にとっての第一次ラストスパート

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601220323j:plain

 

ラブライブコラボの商品求め日々学校帰りに2~3時間スーパーをはしごして記憶が無いわけでも無いですが、多分頑張っているんでしょう

 

知りませんけど

 

 

 

 

この日は、学校帰りにネタの待ち伏せです

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195233j:plain

 

元気ピンピンの103系

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195234j:plain

 

東海がケチって大阪には来なくなったしなの

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195235j:plain


この橙一色ももう風前の灯だと思うと少し寂しいもので

 

 

 

そして到来、お目当てのネタ

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195236j:plain

 

検査切れのその日まで走り続ける深緑の寝台車

(当然起きた罵声大会)

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195237j:plain

 

福井の方まで行って帰ってきた、イレギュラーな運用

 

編成も、いつもと異なりミニサイズ

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195239j:plain

 

幕は無印トワイライト

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195238j:plain

 

引退前にやっておきたかった2ショットを決め、撤収

(これがやりたかっただけの出撃)

 

 

これ作ってる間に勉強しろっているのは禁止ワードです、はい

 

 

 

 

2015年10月21日
紀州国鉄特急、最期の力走

 

いよいよ10月も末、推薦入試の時期まで残す所一ヶ月となりました

 

それはもう、毎日火が付いたように勉強を…

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601215848j:plain

 

_人人人人人人_
> してない <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

申し訳程度に顔を覗かせる殖産興業

 

 

 

時としてオタクは、受験勉強以上に必要なことがあるのです…

 

 

というわけで、学校帰りにカメラ持って環状線

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195240j:plain

 

貨物線に入り、新大阪を目指す阪和線特急

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195241j:plain

 

お目当てはこちら、381系くろしお号

 

時間の関係で、後ろから撮影

 

 この国鉄特急車に掲げられたTエンブレムも、紀州では時期に終焉です…

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601220024j:plain

 

そう、いよいよ289系のデビューが目前にまで迫ってきました

(まさか本当に余った北陸特急を改造して突っ込んでくるとは… と皆驚愕してた)

 

最期ぐらい見ておきたいよね、っていう

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195242j:plain

 

芦原橋へ移動

 

ぬーんとカーブを曲がります

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195243j:plain

 

ぱわーるーぷ号

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195244j:plain

 

323系なんてまだいない

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195245j:plain

 

色々構図を試行錯誤

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195246j:plain

 

8両がちょうどいい長さ

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195247j:plain

 

お目当て通過

 

若干飛んだけど仕方がない

 

 

あと数日の運用を、駆け抜けます

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195248j:plain

 

いよいよ後継機の情報が出てきた281系

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195249j:plain

 

最後は盛大にやらかして終了

 

 

 

これが最期のショットでしたとさ

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195250j:plain

 

天王寺へ軽くご挨拶

 

 

381系の次はこれかなぁと思いながら

 

 

 

 

f:id:ugomemo-kyuuya:20190601195251j:plain

 

一時期奈良に貸出されていたヒネ103系

 

 

どうも、真面目に勉強しているように見えませんが、果たしてどうなるのでしょうか

 

 

 

 

 

 

とまあ、今回はここまでと致しましょう

 

 

3000文字と割と少なめですが、どうでしょう

 

案外ちょうどいい…? まあ、次突っ込むとまた長くなりそうなのでたまにはということで

 

 

 

次回の更新予定は特にありませんが、また逃げたくなったらやって来るでしょう…(

(勉強だけしていればよかった、あの頃がなんとも羨ましい限り…)

 

 

では、以上

*1:気力があれば修正します

*2:気力があればry

*3:しないフラグ

*4:旧暦の秋は7月から9月なので